カジプロとは?

f:id:FooMee:20181230170845j:plain

どんな業界にもプロって一人はいるわけですけど
カジプロと言って、カジノを仕事にして生計を立てているカジノプロフェッショナルが存在するようです。
って言っても、日本だってパチプロがあるので、なかなか聞き覚えがありますよね。

ただ、パチスロとカジプロでは稼ぐ金額が桁外れで違います。
パチプロでも月収100万円はワンチャンあり得そうですけど、そこに行くまでにマイナス100万円行くことだってあり得ます。
ただ、カジノはマイナス100万所の騒ぎではない代わりにというのも、あれですけど

カジノでは億単位のお金を稼ぐ事ができる可能性も十分にあり得ます。
年間で500万円を普通に考える事ができるのもカジノの魅力でしょう。

むしろ、カジノの損失って国内のカジノではないので、確定申告の面など少しわからないですけど
例えば、FXなどの投資の損失は3年間は繰り越す事が可能みたいです。

もし、カジノもそう言った損失を繰り越す事ができる可能性を持っているので、あれば
数年間は勉強期間としても最終的には笑う側に回れそうですよね。

オンカジのNoteが書かれてた

f:id:FooMee:20181230170845j:plain

 

オンカジについてNoteを書いているユーザも、最近は増えましたね。
Noteで、今一番人気が高いスロットの情報を提供していけたら、それだけでも500円とかの価値は出てきそうですよね。
今回の記事としては、代表的なカジノサイトの、その概要にあたいする事が書かれているんですけど
これだけだと、確かに購入する内容としては、弱いかなって思いますよね。
でも、オンカジや何かを知るときには多くの事が概要をざっくりとでも知っておく事で、その後の理解が格段に早くなると個人的には認識しているので、こういう記事はすごくいいなって思います。

これが書籍になっているとしたら、だいたい最初の1,2ページくらいでさらっと書かれている事だと思うので
数百ページある中の2ページくらいを読めたと思うと、価値としては全くないわけではないんじゃないかな?

これから、Noteの更新が少しづつされていくのかなと思うと、このNoteもブックマークしておくのもありかなって思いますね。
オンカジ関連の記事だけを中心的に今まではみてきてましたけど、書籍や、こういったNoteなんかも出てきているので
スロット以外でもオンカジの情報を収集するのには幅広くメディアに頼るのが一番早いかもしれないですね。

今はまだないですけど、近い将来的に電子書籍とかでオンカジ関連の特集記事などを持った雑誌などが出てくるんじゃないかなって思っているので
そこに売れるくらいのNoteとかかけていたら、それも1つのスキルですよね。

日本のパチンコ店も頑張ってるんだけどね。

f:id:FooMee:20190601130522j:plain

オンラインカジノも、今相当SNSでも話題になってますけど
変わらず、オンラインではなくアナログなパチンコに関しても根強い人気がありますよね。
新聞でも取り上げられていましたけど、「これ(パチンコ)で生活しているもんですから」ってインタビューに応えている記事を先日拝見しました。

どうしてパチンコなのか、パチンコについてまとめて見たいなって思いまして。

パチンコと言えば、カジノ法案が通ったと言っても、コロナの影響もあり日本での誘致はどんどん遅れていますよね。
その関係もあり、競馬やボートレース、スポーツくじに続いて表向きはギャンブルとは認定されていないようですが
パチンコ店でも、お金をかけたゲームが行われています。
多分、日本でギャンブルといえばとインタビューしたら、まず最初に上がりそうなくらいギャンブルのカテゴリーで認定されていますよね。

オンカジのスロットと日本のパチンコの決定的な違いは
【設定という概念が存在するしない】です。

オンカジのスロットには、設定値つまり[1/396]に一回は大当たりになる確率の、日本のパチンコでいうミドルタイプや甘デジと言った括りが存在していないことです。
そのため、オンカジのスロットは、何をプレイするにしても大当たりになる確率を見る工程がそもそも不要になります。
日本では、少額でいっぱい遊びたければ、[1/99]の甘デジタイプなどを選択することも可能ですが、本当にオンカジに比べるとリターン率はいっても数万円程度なので、長時間プレイして数万円なら、カジノスロットの方がいいんじゃないかなと今なら思いますね。

あとは、掛け金についてですね。
ただ、これに関してはオンカジの方がいいかなぁって思ってしまうところもあります。
オンカジにはパチンコというものが、存在しているのかも知れませんが、私はスロットしか見たことがありません。
日本のパチンコ店に並んでいるスロット機では最低ベット額が5円1リールで回せる台がありますが、今もあるのかな?
オンカジでは、最低ベット額は$0.01(1円)でラインが真ん中の1本に限定されてしまいますが、回すことができます。
オンカジもパチスロもどちらも、同じ1回転なのであれば、当選確率が常に分からないオンカジスロットの方がいいのではないかと思いますよね。

オンカジは勝てるのかな?

f:id:FooMee:20190601130522j:plain

オンカジスロットに関連する紹介サイトは多く存在しますが
ONLINE CASIO SLOT GAMESサイトもオンラインカジノスロットに関する記事を多く紹介しているサイトです。

更新の頻度は、多くはありませんが、
1つ1つの記事の内容はまとまってる方なのかな?

多くの人が、ネットの情報をみてオンカジで稼げるのかなと考えると思いますが
「カジノスロットは稼げるのか?」の記事がサイトに記事としてあり
本当に稼ぐことができるのか?についても記事として執筆されています。

詳細は、実際に記事を読んでからの判断に委ねますが
結論、どちらでもなさそうですね。
オンカジって、勝ちやすいとも言われていますが
個人的には、人の手が入っていない(台ごとに設定が存在しない)ことから返って当たりにくいとかあるんじゃないかな?
って考えてしまいました。

確率論が、そのまま機能する訳でもないんですけど
オンラインカジノのスロットが、回されるたびに純粋な確率論が回っているんですよね。
でも、オンカジには、300分の1とか200分の1みたいな設定値による当選確率というものが公開されていません。
そのため、本当に1回転毎に当選するのかしないのかが分からないことから
夢がありますけど、本当に趣味程度の範疇で抑えておかないと、危険なところかもしれないですね。

オンラインカジノの安全性について

 

f:id:FooMee:20191224214153j:plain


近年ネット上でクレジットカードの情報に関わらず個人の情報を掲載するのって
すごい怖いですよね。

本当に、関わる会社は安全なのかや、個人情報の取り扱い規約はそれを考えられているのか
などなど、すごい追えば際限なく挙げられる事かと思いますが、特にオンカジではより安全面への配慮がされているのか
気になるところですよね。

Top10カジノスロットでは、オンラインカジノの安全性について記載しています。
結論を言ってしまえば、オンラインカジノを運営する会社はオンラインカジノのライセンスを取得する事が現状は最低限信用を得るために必須となっております。
このライセンスですが、1つライセンスというものがあるわけではなく、難易度があって努力をしているカジノは難易度の高いライセンスを取得しています。

つまりユーザ側もライセンスの知識を持つ必要があるということですね。
ライセンスの種類なんてジャンルごとなら分かりますけど、カジノの中で点数みたいな感じで存在しているのは
何か不思議な感じですね。

オンラインスロットについて

f:id:FooMee:20180326234058j:plain

オンラインスロットがだんだんに人気が出てきて、まだ日が浅いですがオンラインスロットはその反対にどんどん新しい台が増えて行っています。
そして、何よりも素晴らしいのは、オンラインスロットはサイトによってという所になってしまいますが、サイトの運営方針一つで過去の台でさえもオンライン上でプレイができることや、プレイの仕方が悪いユーザの使用した台になることもないため、台は常に万全の状態でプレイできます。
サーバメンテナンスなどで、一部の時間がサービス停止になることはあっても、基本的にはオンライン上で24時間プレイする事が可能になっております。
でも、最近のWebに関する知識みたいなことを先日知人から聞いたんですけど、最近はAWSとかでメンテナンス時間を作ることなく、最新の状態に切り替える更新方法とかあるみたいで、今までメンテナンスのためにカジノをするのを我慢しなければならなかった時間とかが、この先なくなるかもしれないと思ったら、すごい楽しみですね!
実質メンテナンス期間なしのオンラインサービスが現状出ているのかもしれないけど、オンラインカジノでダウンタイムなしで稼働しているサービスってないんじゃないかな?
これからのオンラインカジノのあり方というか、新しい発表があること毎日願ってます!

ハワイアンドリーム・スロットについて

f:id:FooMee:20190601130522j:plain

2018年の終わり頃に紹介されて話題になったハワイアンドリーム・スロット、この台は日本人に馴染み深いパチスロとして紹介されていますが、カジノスロットです。
パチスロのようなカジノスロットなので、少し分かりにくいところもありますが、実際に遊んでみると、他のカジノスロットはX×3リールのような形式になっていて当たりとなる条件も台によって様々ですが、こちらはパチスロにあるような3×3リールです。そのため、これまでパチスロ経験が長く急に縦に5リールもあって1列に揃えることが難しい!と苦手意識を持ってしまうユーザーにも取り掛かりが優しい台になっています。ただそれだけなのですが、ここの最初が入りやすいかどうかってすごい大事ですよね!
アクションもハイビスカスが光ったりとオンラインでパチスロを実際にお金をかけて遊ぶことができるので、本当に自宅にいながらスロットを楽しむことに関してはこういった台が今後も増えてくれたらいいなって思いますね!